2018年06月30日

第57話 「明認方法」めいにんほうほう

杭写真.JPG


57 19分58秒

キャプチャ.JPG
金子敬之弁護士にお話を伺いました。
(弁護士法人 近畿フロンティア法律事務所)
【内容】
・明らかに認める方法と書く「明認方法」は、看板などで「この立木は私のものです」と明示すると登記に類似する対抗要件となる。

・基本的には対抗問題(対抗要件)です。
・不動産だと登記、動産だと引き渡しが強い。
・社会から見て、この人が権利者だと分かる方が強い。

・丹波弁は、借りることを「かった」と言い、購入することを「かった」と言い、稲を刈ることを「かった」と言われます。これが難しい。(神戸市出身の金子弁護士さん)

・登記ですが、不動産登記と立木法の登記は連動していません。

【出演者】
・弁護士法人 近畿フロンティア法律事務所 弁護士 金子敬之さん
・青蓮寺 住職 荒木伸雄さん
・春日リーガル司法書士事務所 司法書士 荻野宏樹さん
・工房noro 大野さん
・神戸地方法務局不動産登記部門 統括登記官 石坂浩二さん

【コール】
「和尚と弁護士の悩み事相談」の荒木和尚さんと金子弁護士さん&noroさん&tsuru

posted by Tsuru at 12:54| Comment(0) | 登記