2017年09月08日

第52話 立木法(りゅうぼくほう)

52キャプチャ.JPG15分44秒
・木は伐ったら動産になる
・立ち木の立木(りゅうぼく)、流れ木の流木(りゅうぼく)
・立木法は、明治43年に施行された、約104年前の法律
・21条で構成されている
・立木登記申請は、一筆の土地又は一筆の土地の一部に生育する樹木の集団でできる
・立木は登記することで「独立の不動産」となり抵当権の設定ができる
・自然に生えてい樹木は、樹種が7種類以内とされている
・植林の場合は、樹種の制限がない
・平成28年には、全国で64件の申請があった

リスナーのみなさん!立木法からこんな会話が聞こえませんか?
「ここの杉桧はお前が困った時に、この木、担保にして乗りきれ!言うて、何べんも登記所に足を運んで、木だけの登記してくれとるんや」。

全国の立木法登記の中には、こんな会話があると思います。
「継いでいく」って“物”と“心”と両方だと思います。

A出演者
・春日リーガル司法書士事務所 司法書士 荻野宏樹さん (H29.7.13.木) 
神戸地方法務局不動産登記部門 統括登記官 石坂浩二さん(H29.9.8.金 10.25水)
Bコール
マエストロ足立さん&愛犬チャーリー(H29.7.6.木)

posted by Tsuru at 15:54| 登記